経営の楽しさを感じる

経営の醍醐味はアイディア出し

経営を勉強する面白さについて

経営を勉強する面白さは、役立てやすく、身近な学問であることによります。すぐに学んだことが生活で実感できたりするからです。例えば、コンビニエンスストアーやスーパーだって、企業であり、利益を追求しています。ビジネスをやっている以上、経営をすることは必須なので、身近にその姿を見ることができます。また、税金などを納める時にも知識が活かせ、節税ができるようになる可能性も高いです。このように身近に感じられ、すぐに活かせるのは最大の魅力です。また、ビジネスを始める基礎知識も得られ、将来の夢や目標を描きやすくなるのもメリットです。

経営者はアイデアを考え出す人

会社は財務、営業力、商品やサービスなどの開発力が合わさって利益を出します。財務、営業力、開発力の全てが良ければ会社は成功しますが、現実は不足している要素があります。経営者は不足している要素をどのようにして補い、利益を出せる良いバランスを築けるか考えなければいけません。財務、営業力、開発力がまったく同じという会社は存在しないため、同じ業種の会社のまねをしてもうまくいくとは限りません。会社が必ず利益を出す法則もないので、アイデアを考えなければいけませんが、そのことが楽しいと感じると経営の面白さがわかってきます。

経営に関する情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; スケールの大きい人生を経営する All rights reserved