学習塾を経営する

経営に必要な深い考察力

小中学生向けの学習塾を経営

学習塾は、学校の授業で不足する部分を補修的に学ぶところや、より上位の学校を目指す進学校まで、さまざまなタイプがあります。またその形態も、フランチャイズ、完全な個人経営、株式会社など、非常に多岐にわたっています。ある県の教育委員会がとった学習塾に関するアンケートによれば、経営者や講師の多くは、授業の目的は儲けるために行っているのではないという回答が8割以上を占めたそうです。また、興味深いことに、子どもたちの成績が向上した時、希望校に合格した時の喜んだ顔が何よりも嬉しいという回答が過半数を占めたという面白さあふれる結果があります。それは非常に興味深いのですが、果たして、学校の先生方に対するアンケートでも同じ結果がでてくのか、考えさせられるものがあります。

経営の面白さはどこにある?

経営の面白さは、人によってさまざまな意見がありますが、歴史を学ぶことは欠かせないでしょう。有名企業も、最初から有名だったわけではありません。最初は無名だった会社が、戦略を駆使して会社を大きくしていき、有名になっていくという過程を学ぶことに、面白さがあります。経営学が面白いところは、答えが1つではないということにもあります。答えが1つではないので、物事について深く考えることが必要になります。答えのない問題を、自ら深く考えて、答えを導き出すということが、魅力の1つです。しかし、基礎的な考え方については共通しているので、まずは基礎を学ぶことが重要になるでしょう。

経営に関する情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; スケールの大きい人生を経営する All rights reserved